FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/30(土)D-MAX杯総評

6/30(土)に第10回D-MAX杯が行われました。

今大会は1回戦は豊田グラウンド、豊岡球場組に分かれてとなり、3位決定戦、決勝は豊岡球場で行いました。

筆者は1回戦が豊田グラウンド組だったため、豊田グラウンドの報告をします。

1回戦 あらたーずvsジャンクス

ジャンクスに対し負けなしのあらたーずだったが、やはりその強さを見せつけた。
ジャンクスの先発斎藤啓があまりピリッとせず、ストライクがなかなか入らない。悪いリズムの中、守りにもミスが出て、ヒットも大量に浴びて、2回に6失点と大量失点してしまう。あらたーずのスキのない野球がジャンクスを追い詰めていく。
あらたーずは打線も好調で、2回から毎回得点でリードを広げる。
対するジャンクスも反撃に出たいものの、速球派の相手投手の前に沈黙。四球を足がかりにしたいも、拙攻が目立ち、結局終わってみれば10-3とあらたーずの圧勝だった。
両チーム攻撃が長く、規定により6回で終了となった。


1回戦 モルドvsぴよっきーず
静岡からの参戦のぴよっきーずは苦手モルドを相手にする。
ぴよっきーずの先発はエース清水。先制するも、3回の裏に不運なヒットやエラーが重なり逆転を許してしまう。
ぴよっきーずがリズムに乗れない中、モルドは5回にも連打で3点をあげ、相手を引き離していく。
モルド先発の山内も安定感があり、ぴよっきーずを寄せ付けない。
7回にはぴよっきーずが反撃を見せるも時すでに遅し。
7-4でモルドが決勝へと駒を進めた。


3位決定戦 ぴよっきーずvsジャンクス
前回大会でも対戦したカード。
お互い安定感のある投手を送り込んだ。
先制したのはジャンクス。無死2塁から山田が2塁打を放ち、先制。
6回には安打、四球、相手エラーでチャンスを作り、下位打線がタイムリーを放ちリードを広げた。
投げては細川・サイトウの安定感のある投手リレーで、5-0と完封勝利となった。
ぴよっきーずは小板橋が好投し完投するも、味方のミスなどが響いた。
打線も沈黙し、2回の無死満塁機にはなんとトリプルプレーに終わったのが不運だった。


決勝戦 モルドvsあらたーず
お互い代表がマウンドにあがる。
モルド杉山の立ち上がりをあらたーずが攻め、早々に先制点を上げる。その後も杉山は制球が定まらず苦しいピッチングが続く。このままあらたーずが優位に試合を進めるとおもいきや、モルドも負けじと反撃に出る。
試合は思いの外(失礼)接戦となり、あらたーずが突き放せばモルドが追いつくという好ゲーム。
モルド杉山は尻上がりに調子を上げ、相手打線を得意のスローボールで抑えていった。
対するあらたーずも日置ー内藤のリレーで逃げ切りをはかる。
終わってみれば8-6であらたーずの辛勝。決勝戦らしい気を抜けない戦いになった。


今回は2会場ということもあり、正規の審判を呼んでの初の大会だった。
審判がしっかりとジャッジをしてくれたので、審判の心配をする必要もなく、てきぱきと試合を運べたのがよかった。
試合の方も、いずれも好ゲームで、いい試合になったと思う。
第10回ということもあり、進行もスムーズでよかった。

次回は秋大会?
10回の次は目指すは30回?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャンクス

Author:ジャンクス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。